専業主婦が借りるなら銀行のカードローン

 

カードローンを取り扱っているのは消費者金融、銀行がメインですが他にもろうきん、JA、信金などいろいろあります。どのカードローンを利用するのがあなたに合っているのでしょうか。

 

どこかしら

 

 

ひとによって借りられる限度額が違う

 

カードローンは利用限度額の範囲なら何度でも借り入れすることができます。この利用限度額がいくらになるかはあなたの収入や返済能力などによって決まります。またカードローンによっても最大の利用限度額が異なります。

 

消費者金融からの借り入れについては「総量規制」という法律上の制限があります。これは年収の3分の1を超えた貸し付けをしてはいけないという規制で返済能力を超えた貸し付け・借り入れを防ぐ目的で設けられました。

 

例えは年収300万円のひとは100万円までしか消費者金融から借りることができません。A社から50万円、B社から20万円借りていたらあと30万円しか借りることはできません。貸金業者側も50万円を超える貸し付けをする場合や他社と合わせて100万円を超える場合は収入を証明できる書類を確認する義務があります。

 

 

専業主婦がカードローンを利用するには?

 

主婦たち

 

総量規制のせいで自身に収入がない専業主婦は消費者金融からお金を借りることはできません。クレジットカードのキャッシングも同様です。では銀行のカードローンはどうでしょうか?銀行は総量規制の対象外ですので専業主婦でも申し込めるカードローンがあります。

 

みずほ銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」、新生銀行カードローン「レイク」、じぶん銀行「じぶんローン」は主婦でも申し込みができ審査に通れば借り入れできます。