会社や家族に知られたら困る

 

カードローンの利用を誰にも知られたくないということもあります。なかでも心配なのは「会社」と「家族」ではないでしょうか。お金の問題はとてもプライベートなことですのでカードローン会社もさまざまな配慮をしています申し込みの際にひとに知られてしまっては困ることを相談してみると良いでしょう。

 

 

会社に知られてしまう可能性は?

 

職場

 

カードローンの利用が会社に分かる確率はそんなに高くありませんがゼロではありません。申し込みをするとカードローン会社は申し込みをした本人が申告された勤務先に勤務しているかを確かめるために電話確認をします。在籍確認と呼ばれるものです。在籍確認は銀行は銀行名、消費者金融は担当者名で電話をかけます。

 

「山田(担当者)と申しますが坂田さん(申込者)はいらっしゃいますか」
「〇〇銀行ですが坂田さん(申込者)はいらっしゃいますか」

 

といった感じです。
この場合坂田さんがいれば電話に出て確認完了です。(氏名・生年月日を確認することもあります)
坂田さんが不在なら「外出中」「離席中」などの席にいない理由が分かれば確認完了となります。
「またかけ直します」と言われますがかけ直してはきません。

 

会社に連絡があるのは在籍確認のときくらいですので心配し過ぎる必要はないかと思います。

 

 

家族に内緒はハードルがたくさん

 

会社に内緒にすることはそこまで難しくありませんが同居している家族となると話は変わります。家の固定電話に電話がかかってきたり郵送物が届くからです。契約時に発行されるローンカードの保管にも気を付けなければなりません

 

T.固定電話

電話

申し込み時の申告内容に確認事項があったり、審査結果や契約内容の連絡のために自宅に電話がかかってくることがあります。本人が電話を受けられれば良いのですが家族が出てしまっては困ります。自宅の電話番号を申告しないで連絡先は携帯番号だけにすると安心です。

 

 

 

U.郵送物

ポスト

自宅へ届く郵送物には契約書やローンカード、利用明細などがあります。窓口や自動契約機で契約することで自宅への契約書とローンカードの送付をなくすことができます。利用明細についてはWEB上で照会するサービスを利用すれば送付されません。ただし返済が遅れたときの督促状は拒否することができませんので期日までに必ず返済するように気をつけましょう。

 

V.ローンカード

ATMを使って借り入れ・返済するときに使うのがローンカードです。一見しただけではキャッシュカードやクレジットカードと変わらないようなデザインですがよく見ると分かってしまいますので保管には充分気を付けてください。銀行のキャッシュカードと一体になったものやローンカード自体を発行しないカードローンもありますので心配なひとはこういったものも検討してみて下さい。

 

 

なにより家族に隠して借金をすることは決して良いことではありません。事情があっての借金でもなるべく早く返済して大きな問題に発展しないよう気をつけましょう